特定非営利活動法人 IFOAMジャパン

スリランカが有機100%を目指すことを宣言

今年4月スリランカの大統領が、化学肥料の輸入を止めることを宣言し、スリランカが農業全体を有機にシフトしていくことになりました。背景としては、消費者の健康を守る意図のほか、化学肥料の輸入による財政の圧迫があったようです。

ブータンやキルギスで100%有機を目指すことを宣言しました。インドのシッキム州も同様です。それぞれ国の事情がありながら、有機農業に未来を見出そうとしているように見えます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です