Organic 3.0

日本の有機農業の現在地

 2022年2月に発行されたIFOAM-Organics InternationalとFiblが共同で出版した年次報告書「The World of Agriculture 2022」では、2020年段階で世界の有機圃場の面積は7490万haで世界全体の耕地面積の4.1%と報告しています。この数字は2010年の総面積約3700万haの2倍以上になっています。世界では有機農業が国の政策や民間の取り組みとして大きな流れを作りはじめています。

 日本の栽培面積はここ最近有機栽培面積が上がってきましたが、世界から見ると有機農業の面積は北米やヨーロッパのみならず、アジアの国々にも水を開けられ始めています。

Organic 3.0とは?

 有機農業の歴史を紐解くと、まず世界各地で有機農業そのもの、または、有機農業に繋がる思想、理論を唱えた人たちが出てきました。これがOrganic 1.0の段階です。その後、彼らの考えをまず民間で、その後、公的に有機農業を基準化したのがOrganic 2.0です。Organic 2.0によって、有機農業はある程度は広がりました。認証のための有機基準を満たすこと自体は、必ずしも容易なことでないですが、より高い持続性への取り組みへの余地が残りました。これに対して、Organic 3.0は、要約すると、より多様なアプローチで有機農業を広め、深めることで、有機農業を世界の農業の主流となり、私たちが抱える課題を克服する段階といえます。

 また、残りの95%が有機農業ではない現状を考えると、有機農業だけにアプローチしてもすべての課題を克服することはできません。Organic 3.0は有機農業を含む生産、消費などの場での持続可能性を高めることだけでなく、有機農業以外の農業に有機農業の原則を適用することで農業や食料システムを持続可能にすることも目指しています。